焼鴨来了のブログ

銀行の定期の利率に愕然。
今から株なんてカモになるのは自明の理。
しかし長期保有するのでいいか。

鴨之介(貧乏人)は、どの証券会社がいいか?

さて鴨之介はご存知の通り、貧乏で、
投入している資金はいまだ100万以下。
株は資金のスケールメリットで儲けると
知ってはいますが、なかなかお金出来ず。
さらに株の売買は上がりそう、下がりそうなど
知識や経験がある程度いるようで。


となるとですね、IPOぐらいでしか
儲けないわけですね。
しかしお金持ちさんのIPO参加とは違い、
貧乏だから、1社分しか参加できない。


それに鴨之介の場合、口座への入金が
意外と面倒なんですね。
ネットバンク持ってないので、
全部キャッシュカードでやってます。
となると証券会社選びが重要な訳です。


で約2か月IPOに参加し続け、感じたことを
独断と偏見で。なお参考はすべて
ブログ村のIPOカテゴリーのブログです。
(すべてネットで申し込みの場合。
店頭申し込みはわかりません)


野村、大和がダメなのはわかるけど、
SMBC、いちよし、みずほ、東海東京なども
IPOプロが申し込んでもダメですね。
主幹事務めることが多いけど、申し込んでも無駄。
また結果だすのがのろい。


松井、ライブスター、楽天、岡三、むさし、カブドット。
主幹事務めること、ほとんどない。配分もたとえ親会社が
主幹事つとめても、ほぼ雀の涙の配分量。
資金拘束もゆるく、後期抽選型も多い。
口座開く手間が無駄。金持ち連中がおしよせます。
宝くじ買わないと当たる確率ゼロですよというレベル。
宝くじ買っても当たりませんから。


でマネーフォアードで争った、
SBI、SMBC、マネックス。
この中でSMBC。当選の報告少なし。
ほんとにネットに配分しているの?という感じ。


マネックス。今度の主幹事務めたので、
当選報告多かったですが、いつもはほとんどなし。
2chでもマネ糞とか、さんざんに言われてます。


SBI。いつも当選報告がある。
今度もマネックスにつづいて報告がおおい。
SMBCより配分数少ないのに。


鴨之介と同じように資金に余裕のない人は、
今回マネックスに資金入れ、SBIで申し込んでないとも
考えられるので、SBIが穴場になったかも。
他の機会も同様に、貧乏な方は主幹事にお金を入れ、
SBIに資金なし。だからSBIが穴場になる。


SBIについてはさらにIPOポイントなるものが
存在し、POでもポイントがたまるそうな。
そのポイントも仮想通貨と同じで
1ポイントの価値1000円から天井知らず。


ということでもし今からIPO狙いで口座開くなら
1位SBI、2位マネックス、3位以下はなしということで。


ただ鴨之介の場合、2位と同率で松井証券かも?
なぜなら立会外分売が当たりやすい証券会社。


ブログ見ると分売でよく松井であたったと見受けられます。
感じとしてSBI、マネックスより当たりそう(口座数の問題か?)。


そして4位は楽天証券。抽選確率が終わった後に出ますから。
この姿勢が好き。


ちなみに鴨之介、今度2個目の口座開くとしたら、松井証券です。
手数料安いし、分売当たりそうだから。


しかしマネックス証券様からトランザスを頂いた鴨之介。
今のところマネックス証券様に操たてます。


追記:ブログ村、初心者カテゴリーで1番でした。
どうも読んでいただきありがとうございます。
期待した内容でなかったと思いますが、
タイトルに証券会社を入れると、興味をひくせいか、
読んでいただける方が増える傾向にありますね。













  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。