焼鴨来了のブログ

銀行の定期の利率に愕然。
今から株なんてカモになるのは自明の理。
しかし長期保有するのでいいか。

損切り反対!(初心者の戯言)

さぁ、さぁ、今日は今年最後の飲み会。
今年はお水関係の人にとっては、
あまりよくない日の並びですね。


30日が土曜日なので、どうしても
出勤になるんじゃないですか?
ママさんはいいけど、女の子が集まるかどうか?
仮に30日が平日ならば、閉める店も
あるでしょうが、客の鴨之介としては
開いている前提で行動します。
閉まっていると、来年は来ないぞということになります。


ごめんなさいね、わがままな客で。
けど新年は4日まで閉めててかまいませんよっと。


ということで7月20日に株を買ってから早5か月余り。
その間日経は8月は下げ基調だったのが、
9月から10月末まで見事な上げ基調。
そして11月から年末までほぼBOXで動きました。


それより前に目を転じると、
3月から4月までが下げ基調でしたが、
そんなに暴落せず。
ということは鴨之介に限らず、ほぼ皆さん
儲かっているでしょう。
極論すれば、今年トータルで負けるのは難しかったっと。


で何が言いたいかというと、こんな上げ基調の
株価で損切りをするには得なのか、損なのか?


鴨之介は特にチキンで決断力がないので、
どうしても損切りはできません。


ちなみに今大活躍中の大木ヘルス、平均購入735円。
これが一時600円まで下がりました。約18%の下落。
JESCO平均購入430円、400円まで下落、約8%の下落。
もしこれを損切りしていたら、今の含み益はないわけで。


株をやるのは余裕資金。10年寝せても平気なはず。
絶対に上がるという株がでてくるまでは、
そこまで余力を持つ必要なし。
損切りよりも、塩漬け、ナンピンの方が
いいんじゃありませんか?


機関、仕手に比べ、唯一個人が絶対優位にあるのは時間。
という鴨之介は下落基調になっても
握りしめているんでしょうね。


最後に損切り以上に言えること。


利益確定しなければ、絵にかいた餅!







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。